まつやま眼科

前回の記事と同時進行で施工しました病院です。

前の病院と比較しますと、2倍の広さと、手術室があるというのが大きな違いでした。

特徴的な所でいいますと、トイレ周辺ですが、弧状の壁+間接照明を設置。(基本、柱や板というのは、直線ですからね・・・・。曲線の形状は、手間がかかります。)

トイレは何ヶ所か有りますが、広々(ベビーベット付)したものを一ヵ所設置するのが、一般的になってますよね。(普通に使用する時には、少し落ち着かないのは、私だけでしょうか・・・・。)

 

診察室と処置室の写真。この辺は医院の種類は違えど、見慣れた感じがしますが・・・・・

 

こちらの器具等は、眼科ならではのものなんでしょうね。

私は眼科には1回しか通院した事がありませんので、一般的な眼科がどんな感じなのか、よくわかりませんが・・・

 

このあたりの写真を見てもらうと、広さを感じてもらえるのではないでしょうか?

そして、手術室。手術室は施工・使用材料等に様々な指定があり、大変です。

実際、完成してから開院までの準備段階の中で、不具合が見つかり、手直しを行いました。

目の手術は、ちょっとしたミス(ちょっと動いただけ)でも失明にも繋がりかねませんので、

きっちりと仕上げていかなくてはいけません。

施工前には、『病院を同時に2つ?大変だなぁ』と不安に感じたりもしましたが、業者様の多大なるご協力や、我々も件数こそ少ないですが、過去の経験を活かし、無事、完成を迎える事が出来ました。